まつ毛の美容液を塗るハケはどうするべきか?

2014.8.11|ケアプロスト


ルミガンやケアプロストは個人輸入が最安値です。
購入する時にまとめ買いをするとお得ですp(^_^)q



こんな風に。
ケアプロスト


あと、まつ毛美容液の専用ブラシの
アプリケータは一緒に購入したほうが良いと思います。



まつげの美容液を使うときは
新しいブラシを毎回使うことです。



もったいないと思わずに
衛生面に気を配って欲しいです。




なぜかそういうことを言うのかというと、
目の病気には鈍感な方が多いからです。



これは怖いことなんですよー。(^_^;)



同じブラシを繰り返し使うことで、
皮脂や垢汚れが付き細菌が繁殖してしまうからです。



毎回洗ったとしてもブラシの先っぽの色が
変わって来るのでやめたほうが良いと思います。


コンタクトをお使いなら、アカウントアメーバや
細菌感染のことについて知っていると思います。
同じように汚れたブラシを使って目に細菌が入ってしまえば、
結膜炎になってもおかしくはありません。毎回新しいブラシを使いましょう。



目は大事な身体の器官ですから

コンタクトや、アイチップなどブラシの
使い回しとかもやめてくださいね(;´∀`)



ものもらいなどの眼病の原因になりかねません。



あと、市販の細いメイクブラシや、
絵の具に使う細い筆を使っている方もいらっしゃるようですが、
洗った後はちゃんと乾かさないと雑菌が気になります。



それと、洗うと茶色の濁った水がでることもありますので
糊や染料が落ちているのかな〜?と思います。



こういう視点から見ても痒みの原因は
ちょっとしたことから起こっているのかもしれません。



使うのなら専用のものが安心だと思います。
まつ毛が綺麗になるのは良いと思いますが、
結膜炎や充血は避けたいところです。



衛生面には気をつけましょうね。◝(╹▿╹)◜



>>まつげの美容液ケアプロストはこちら<<



ケアプロストの口コミは?


ケアプロストも口コミを見てもまつ毛がバサバサになると人気です。
マツゲが本当に育つ・・・など好評です。



まつげを育てるのをまついくというそうですね。



ケアプロストの使い方は簡単です。
アプリケーターという専用の刷毛(ハケ)に一滴垂らして使います。



垂らして使うと染み込まずに落ちてしまうので、ラップか小皿を使います。



この方がハケに点眼液を染み込ませやすいです。
直接は毛に染み込ませようとすると
床に落ちてしまうのでもったいないのです。




もとは緑内障の治療に使われていたものです。


でも副作用がすごくて、マツゲを切らなくっちゃいけないぐらい
にロングになったのだそうです。


まつ毛を切ることって滅多にないことなので、
まつげがバサバサになることに憧れますね♪


matugeまつげ

まつ毛が見えないくらい短いままだと嫌ですからね(*´∀`*)
長いまつげって色っぽい感じがしてとってもかわいいと思います。



塗った時に眼に入るようであれば
ティッシュで軽く目元を拭き取ることです。



拭きとってもまつげの根元には
ルミガンの成分が残っていますので期待していいですよ♪


>>ケアプロストはこちら<<






関連記事はこちら
ケアプロストは男性用まつ毛美容液なの?


この記事にコメント

*

トラックバックURL