エーレットジェル

2017.3.24|エーレットジェル ニキビ予防


エーレットジェル
エーレットジェルは、トレチノインが主成分のジェル状クリームです。
米国では、皮脂成分を抑制するため、主にニキビやニキビ跡の治療に使われています。


トレチノインのクリームタイプと比べると
エーレットジェルのほうが浸透力や皮むけのタイミングが早いようです。


また、トレチノインを含むクリームをシミの部分に少し塗って使うと、
皮がむけて新陳代謝が早まりシミが浮いてくるように感じることがあります。
ピリピリ感や、皮膚の赤み、むず痒さを感じることもあります。
皮膚の赤みがおさまってくるとシミが薄くなったように感じます。



似たような名称のクリームにはDHAのレチノAエッセンスがあります。
このクリームにはレチノールと呼ばれている成分が入っています。 
レチノールはビタミンAの化学式名です。
使うと目元がぴんとし、ハリを感じられます。

そのレチノールをより安定させ肌に浸透しやすく改良したものを
トレチノイン(ビタミンA誘導体)
といいます。

なので、レチノールとトレチノインは似た名称ですがまったく違う性質のクリームなのです。



レチノールを含む化粧品は肌に優しく浸透します。
たっぷり使ったあとには、目元や口もとにハリを感じます。


美白

しかし、トレチノインはレチノールの50~100倍の強さがあるため、
浸透速度が速く皮膚炎症を引き起こすことがあります。


トレチノインは、上記のレチノールの50~100倍ほど強い成分です。
トレチノインを肌に使用すると下記のような変化があります。


・ターンオーバーを促進させメラニンの排出を促します。
・肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチンなどを作り出す線維芽細胞を活性化させます。



そのためニキビがひどい状態の肌も、
ビフォーアフター
3ヶ月から6ヶ月ほどで、きれいな肌に戻っていくのです。


トレチノインを含むクリームは種類があります。
その中でもBIHAKUENのトレチノインクリームは塗りやすく、
マイルドな浸透力と穏やかな使い心地のデイクリームと一緒に使うことで
保湿力を保ったままターンオーバーを促すことが出来ます。

>>[BIHAKUEN]ハイドロキノン4% + トレチノイン0.1%はこちら<<


エーレットジェルは、成分が強い分スピーディに浸透します。
そのため、皮膚の剥離などが起きやすいのです。
しかし、皮膚の生まれ変わるスピードが速いため、早くシミを取り去りたい人には人気があります。

>>エーレットジェル(AretGel)0.025%はこちら<<




あわせて読みたい記事はこちら
(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%20gとトレチノイン0.05%20g


美白トランシーノと同じ成分のトラネミック(Tranemic)の効果


この記事にコメント

*

トラックバックURL