トランシーノと同じ成分のトラネミック(Tranemic)の効果

2016.10.28|トランサミン/トラネキサム酸


美白

日中の日差しを避けようとして、UVケアや
美白成分の入った美容液などを使っていても
あまり期待した変化を感じないことがあります。


(うーん残念。
どうしてシミが消えないのだろう?
そう思ってしまいます。


これには大きな理由があります。
実は、肌の外側から塗りつける美容成分は
肌の奥深くまで入り込むことは出来ないのです。
肌の仕組みは単純で薄いように見えて意外と複雑なのです。



肌の仕組みとターンオーバー


肌のターンオーバーは内側から外へ向かっています。
ターンオーバーの期間は28~35日周期と言われています。
美容成分はいくら値段が高くても、はがれていってしまう角質層にしか浸透しません。

2647e97c388c4ec5a1478ea7d8c65857
シミや肝斑となって見えるメラニンを作り続けているメラノサイトは
もっと奥深い基底層の部分になります。


このことを知っていると、シミや肝斑に対しては
肌の上から塗りつける美容液や化粧品だけでは
物足りないということがわかります。

なので、塗っているだけでは美白は出来ないのです~。
残念 (TT)

と言いたいところですが、がっかりしないでください。


実は、肌の奥深くまで美容成分を届ける方法があります。



さて、この部分に直接美容成分を届けるとしたら?
どんなことが考えられるでしょうか。


答えはそんなに難しくはありません。
血中から美容成分を肌の細胞に届ければ良いのです。


肌の奥深くまで美容成分を届ける方法とは?


美容成分と言ってもビタミンCやビタミンBなど
その他の栄養素も同じように細胞には運ばれていきます。


もちろん血行が悪いと、なかなか変化を感じることはありませんが、
美容と健康に気をつけるには血行に注目をしましょう。
するといつの間にか、シミが消え
血行を整えることも出来るようになっていきます。^^


このシミを消してしまうほどの成分はビタミンや
他の栄養素と同じように細胞に届けることが出来ます。


どんな美白成分なのかというとトランサミンになります。


トランサミンって?

トランサミンは、肝斑治療に満足度が高いと言われている
トランシーノに含まれる成分です。
トランサミンは気になる顔の肝斑やシミの発生を抑えてくれる内服薬です。


この内服薬は肝斑の原因であるメラニンを生成する
メラノサイトの活性化を抑える働きがあります。
飲むだけでトラネキサム酸を
肌の細胞に直接届けることが出来るのです。


このトランサミンを飲みやすくしたのが
こちらのトラネミックです。

トラネミック500mgトランサミン
トラネミックはトランシーノと同様にトラネキサム酸が含まれています。
トランシーノと違う点は、大容量で価格も安く人気が有ることです。


トランシーノの場合は価格も高いので続けることが
経済的に難しくなってしまうことがあります。
すると、美白を途中で諦めてしまうことになります。
それでは肌のシミも肝斑も、無くすことが出来ません。


あなたも低価格で続けやすいトラネミックを選んでみては?


>>トラネミック500mgはこちら<<





関連記事
トラネミックの効果


コメント一覧

この記事にコメント

*

トラックバックURL