ビハクエンホワイチュアとハイチオールCの成分を比較してみた

2017.4.28|BIHAKUEN WHITURE ホワイチュア


ハイチオールシリーズ


BIHAKUENホワイチュアはハイチオールcにも含まれている成分の
「Lシステイン」「ビタミンC」「パントテン酸カルシウム」を、
3粒飲むだけでハイチオールCの1日分以上の量を摂取できるというので
本当にそうなのかをハイチオールCと比べてみました。


パッケージの裏を見るとその成分の比較が簡単にできます。
ハイチオールシリーズは三種類ほど発売されています。


今回は、シミそばかすに特化した
「ハイチオールCプラス」と「ハイチオールCホワイティア」
この二つと比べてみたいと思います。


ハイチオールの成分

主な成分の一覧です。
メインとなっているのは「Lシステイン」「ビタミンC」「パントテン酸カルシウム」です。


それぞれの配合量は微妙に違います。

ハイチオールCプラスは6錠で
「Lシステイン240ml」「ビタミンC500mg」「パントテン酸カルシウム24mg」


ハイチオールCプラスホワイティアは4錠で
「Lシステイン240ml」「ビタミンC500mg」「パントテン酸カルシウム30mg」




一方、ビハクエンのホワイチュアは
「Lシステイン240mg」「ビタミンC600mg」「パントテン酸カルシウム240mg」となっています。


この成分の含有量の違いはかなり大きいと思います。
特にパントテン酸カルシウムは、肌の代謝に大きくかかわっている成分です。


パントテン酸は、肉類、小麦胚芽、腎臓、肝臓、ナッツ類、ビール酵母などに
含まれている水溶性のビタミンで、ビタミンB類の1種であり、ビタミンB5とも呼ばれたりします。


このパントテン酸にカルシウムが結合したものが「パントテン酸カルシウム」になります。
細胞の形成・成長、中枢神経系統の発達を助ける働きがあるそうです。


このパントテン酸カルシウムが不足すると
髪の健康や皮膚を正常に維持する力が崩れてしまうそうです。
なので、身体には必要な成分なのです。
これが欠如してしまうと、美容にも影響が出やすくなってしまうのですから。


パントテン酸カルシウムだけのサプリメントもあるようですが、
価格を見たら、ちょっと高いですね。


BIHAKUENホワイチュアなら美容成分がきちんと配合されているので
美肌にいいと思います。


>>BIHAKUENホワイチュアはこちら<<


結構、口コミされていなくって残念なのが、
サプリメント自体の香りがおいしそうってことです。
ミント入りのチョコのような感じでした。(*´∀`)


他のサプリメントは、あと味が苦くてマズい味だったりするので
このホワイチュアは飲みやすいです。




関連記事はこちら
L-システイン入りbihakuenサプリメント


bihakuen uvシールドの効果





この記事にコメント

*

トラックバックURL