低体温だとシミができやすいって知ってた?

2017.1.26|美白/シミ予防


誰でも小さなシミを発見したときは、
いろいろと化粧品を使ってみたりしますよね。


地味にお金を使っているのに、
まったく変化がないってことは確かにあります。


小さな出来はじめのシミならビタミンCをとれば良さそうな気がします。


でも、人によってはシミが消えたと感じることがなくイマイチ。
実感しにくいものがありますよね。


どうして実感できにくいのかというと、シミが消えてくれないからですよね。
それもそのはず、その原因は低体温にあるからなのです。


Σ(Д゚;/)/えええ


聞いたときにはびっくりな話でしたが
低体温だとシミが消えにくいのは本当のことなのです。


体内の血流が美容に関係があるのをご存知でしょうか?
ご存じかもしれませんが、
血液の流れによって、肌に必要な栄養が運ばれ、
不要な老廃物も運ばれて体外へ出ていきます。


この血流が36.5度だととてもバランスが良いのです。
しかし、血流が悪く、低体温気味だと肌に必要な栄養も届きません。
血液の流れも悪くなるし、顔色だって何だか病的!?
毎日疲れやすいし、何だかやる気も出てこない・・・。
そうすると肌荒れだってしやすくなってしまうのです。



低体温だと風邪も引きやすく、肌トラブルの引き金にもなりやすいんです。
この“低体温”を平温と言われる36.5分にすることで
いつまでも若々しい肌を保つ事も夢ではないのです。


低体温を克服することで美容液やリフトアップマッサージ、
光フェイシャルなどではない方法で
体内から肌トラブルを根本的に解消することも視野に入れておきましょう。


その方法といえば、日本古来より体全体を温める方法があります。
リラックスも出来るし、体中の筋肉もほぐれてしまいます。
実際に、週に何度かこの方法を行っている方の肌は白く透き通っています。


もし、とっても簡単な方法で低体温を克服すれば
若々しいキレイな肌に生まれ変わることが可能だとしたらどうでしょうか?


低体温によって起こる血行不良で衰えていた細胞を
温めて活性化することで肌にハリやツヤが戻ってきます。
免疫力もアップすると言われていますので、
低体温を克服すれば病気知らずになるとも言われています。


低体温症は未病のもととも言われています。


【低体温をじっくりと克服させる方法】


それはズバリ、お風呂なのです。
できれば家の風呂ではなく銭湯に行くのがベストです。


なぜなら、460円で入れて、ジェットバスや電気風呂などが楽しめます。
また、サウナ付きのところもありますので、
じっくりと汗を流すことを体に覚えさせましょう。


銭湯なら足を伸ばして湯に浸かることが出来るので
リラックスも自宅のお風呂とは比べ物にはなりません。
中には温泉のある銭湯もあり湯治に訪れる方や
アトピーや喘息にもいいとされる薬草湯まで浸かれる銭湯もあるのです。


体を温めて、低体温を克服していけば病気も防げて
内臓も温まり気になっている肌のトラブルも
減ってしまうこともあります。


肝臓が冷えていると、やはり身体にトラブルを
起こしてしまうこともあるそうですよ。
ブツブツしたニキビがたくさん出やすいのは
内臓の冷えから来ている
とも言われています。


低体温を克服するためにも、身体を冷やす食べ物や飲み物は控え、
毎日の生活に適度な運動を加えましょう。


また、昔からの健康食品として伝わっているものといえば
生のローヤルゼリーエキスです。


市販されている安いものは他の成分が混ざっていて
純度が低いものが多いです。


生のローヤルゼリーで本物と言ったら
アトムヘルシーフーズ社のローヤルゼリーです。
細胞一つ一つを若返らせてくれそうなほど強力で
滋養強壮や糖のコントロール血圧やコレステロール
美肌にも働きかけてサポートしてくれるのです。


なんとも嬉しいものですね。
健康週間は地味でも続けていくと良いことが
たくさんおこるようになりますよ。

>>ローヤルゼリーはこちら<<






関連記事
私のきれい日記マスクの感想


この記事にコメント

*

トラックバックURL