個人輸入のジェネリックはメリットがいっぱいある?

2017.11.5|その他/雑記 未分類


今年で個人輸入を利用してから、約四年になりました。
はじめはおっかなびっくりな中での利用でしたが、今では利用してよかったなと思っています。


サプリメントやジェネリック医薬品は、毎月必要なものを自分で選んでいます。
自分で使ってみて良かったと思うのは、ジェネリックがびっくりするほどの価格で手に入るということです。




■ ジェネリック医薬品ってなに?

「ジェネリック」は「一般的な」という意味をさしており、ジェネリック医薬品は
一般的に広く使用され、効能や安全性が確立されている薬のことをいいます。

後発薬になるため開発費などの費用がほとんどかかっていません。
そのため処方薬やドラッグストアで購入する際に先発薬よりも価格が低いのが特徴です。

そのため先発医薬品よりも費用を安く抑えられるジェネリック医薬品が注目を集めるようになっているのです。

ジェネリック医薬品は、高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病、
花粉症のようなアレルギー疾患や爪白せん(爪水虫)のお薬まで、ありとあらゆる病気に対応してます。




こういったジェネリック薬のなかには処方が必要なもの以外は街中のドラッグストアでも扱われています。
頭痛薬や消毒液、便秘のお薬など該当品がたくさんあります。


価格が低いせいか、海外からの旅行客が爆買いという形で購入していきます。
どうしてこんなに買うのだろうと思っていたら、国によっては薬に対する税金が高いのだとか。


お隣の中国では、薬や化粧品を大量に購入する人が多いです。
自分の国で作られた化粧品や薬、漢方だってあるのになぁ・・・そう思ってしまいますよね。
でも、化粧品や薬の税金は価格の二倍とかいう話です。ホントかな?
それを聞いたときに「だからこんなに買っていくんだ!すごい」と思ったものです。



ちょっと他の国とは事情が違いますが、国内で個人輸入を利用するといいものが手に入ると私は思っています。
もちろん使ってみないことには、自分にあっているかなどはわかりません。
かゆみなどのトラブルが出ることもあります。
しかし自分の悩みが一つでも解消できるのならいいのではないかと思います。


わたしの悩みの1つは顔の大きなシミでした。
また、まつ毛が短いこともその一つでした。
日本で売って売るサプリメントや化粧品では悩みが解決されることがなかったために
自分で変化を体感出来たジェネリックなどは大変大助かりでした。


その一つがルミガンのジェネリックになるケアプロストや、シミを抑制するトラネキサム酸です。
まだまだ美容は続けたいと思っています。
なのでまだ個人輸入は利用していくと思います。



>>おすすめのトラネキサム酸はこちら<<



関連記事はこちら
ルミガンを個人輸入で購入しました。


ビハクエンハイドロキノン



この記事にコメント

*

トラックバックURL