花粉症に一番の薬はクラリチン

2014.2.16|花粉症/鼻炎


クラリチン鼻炎

2014年、今年もスギ花粉が飛び始めアレルギー性鼻炎の症状がつらい季節となりました。

花粉症体験をお持ちの方でしたら、嫌な季節になったなぁと思うでしょう。

花粉症の症状は本当につらいものです。

鼻炎薬でオススメなのは、病院の処方薬と同じ効果を発揮する鼻炎薬です。

このエリアスジェネリック(Dezlorid)はクラリチン錠の進化版です。

1日一回1錠を飲むだけで24時間効果を発揮します。

鼻に塗るだけの塗り薬ではどれだけ花粉の症状が軽減されるのかがわかりづらいです。

また、市販薬では強烈な眠気や、喉の渇きなどの副作用を訴えることがあります。

この時期は、
ヒスタミンを抑えてくれる鼻炎薬で眠くなりにくいものがオススメです。

>>クラリチンの参考レビューはこちらです。<<


効果 鼻水や頭痛などのつらい症状が緩和される

市販薬だと睡眠薬が少量混ざっていますので眠たくなってしまいます。

眠気が出てしまうと、日中のお仕事などに支障が出てしまうと困りますよね。

なので、眠気の出にくい鼻炎薬のほうが飲んでいてとっても楽ちんです。

花粉の季節が終了するまでは手放せないアイテムです。

また、外出の際はマスクやメガネなどで花粉をなるべくシャットアウトしましょう。

鼻や目の粘膜に花粉が触れてしまうと、痒みなどの症状が出てしまいます。

鼻炎薬は、のどが渇いたり眠くなるなどの副作用が無いものが一番ですね。


>>花粉症に一番の薬はこちらです。<<


この記事にコメント

*

トラックバックURL