取りたくって仕方のなかった顔の頬のシミの正体とは?


私が一番取りたかったのは顔にある頬の大きなシミでした。
他の肌が白い分、シミの部分だけは濃くなって見えていました。

(このシミがなければ、きっとキレイになれるのだろう・・・)

そう思っていました。

肌にできたシミはメラニンの沈着が原因と言われています。
たくさんの美容の本にも書かれています。

メラニンの生成メラノサイト

シミの原因となっているメラニンをつくり出すメラノサイトは、
皮膚の一番下の基底層にあります。

メラノサイトは、紫外線に当たると肌を守るために
メラニンを生成します。
メラニンはターンーオーバーにより表皮の下側から
角質層へと徐々に押し出されていきます。

皮膚の新陳代謝がはかどらず、
表面へ押し出されずに表皮の中に残ってしまった
メラニンがシミと言われています。

なので、私は自力で頬のシミを治そうとしていました。

新陳代謝が正常になればシミは消える?
紫外線に当たらなければシミは作られない?
潤いを与えたらターンオーバーが正常になる?
腸内環境を整えたらシミは消える?
肝機能を高めればシミは消える?
身体の冷えを取ったらシミは消える?
睡眠の質を改善したらシミは消える?
栄養素を整えればシミはなくなる?
オーガニック製品に変えたらシミはなくなる?

たくさんの方法で「シミが消えた、無くなった!!」
という人はいます。
でも、私にはどの方法も効果はありませんでした。

そして、最近になってやっと本当に簡単に
自宅で出来る美白方法を知ることが出来ました。

その美白に使ったのがこちらのハイドロキノンでした。

>>(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%はこちら<<

オススメ関連記事
ビハクエンハイドロキノン・トレチノインの効果

ビハクエン(bihakuen)の効果


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です