強烈な足のにおい対策はどうしてる?グランズレメディ

夏でもないのに靴のにおいが気になることはありませんか?
靴からにおいがするときは、なんだか埃っぽいような、
乳製品が発酵しているかのような独特のにおいがしませんか?
例えるなら納豆という人もいると思います。

どんなときに、靴のにおいが気になるのかというと

  • 靴を履いていてしゃがんだ瞬間に、靴の隙間から少し臭いがただようことがある。
  • 立ち仕事をしていて、(疲れたなぁ・・・)と思って、靴を脱いだらなんだか臭った。
  • 病院のスリッパに履き替えるときに、自分の脱いだ靴が臭った。
  • 玄関のドアを開けたらムワッとする空気がしたとき

うわ!くさい!

こんなふうに、靴のにおいで驚いてしまった経験はありませんか?

じつは、わたしにはこの靴を脱いだら、
なんだか臭ってしまった経験があります。
でも。自分の足がぷ~ん
臭ってしまうとは思っていませんでした。

わたしの足は冬場は特に冷たくなってしまうほどの冷え性なのです。
冷え性で、手足が冷たいのだから靴がにおってしまうほど汗をかくこともありませんでした。
なので、靴のにおいのことは気にしていませんでした。

しかし、今年の寒い日には足にレッグウォーマーを履いていました。
冬の寒さにいいレッグウォーマーは、三足で千円ぐらいの価格帯なので購入しました。
体感温度はレッグウォーマーを履いているのと、いないのでは、まったく違いました。

「今年はレッグウォーマーのおかげで足が寒くない。結構底の薄い靴なのに」

足元があたたかくて幸せ^ー^

これには驚きです。
たった一枚のレッグウォーマーで足の冷たさから解放されたのですから。
重ね履きをしたこともあるストッキングやタイツよりも暖かさを感じました。

毎日、足元が温かいと、体の冷えも起こりにくいと感じて愛用していました。
足元が冷える冬場は体の健康にも影響が出やすいですよね。
なので、温かいと体中の血行が良くなる気がしていました。

温かい足元が招いた悲劇

足元が暖かくなり、アンゴラ混の冬用靴下を購入してみました。
履き心地はふわっとした感じで厚みがあります。
履いてから数時間立ち仕事をしていると、足の指にジットリした汗を感じました。


「アンゴラ混の靴下だからかな?なんか汗かく~」

そう思って靴を脱いでみても、汗が冷えてヒヤッとするのでした。
ああ寒い・・・。
それから数日後のことでした。
今までに嗅いだことのないような香りがふわっとしました。

(何か臭い・・・。)

どこからかにおいがしているのです。

初めは、むわっ
とした独特のにおいの出場所に気づきませんでした。

(このニオイのもとはどこなのだろう?)
(どこからにおっているんだろう?)
(誰か飲み物でもこぼしたのかな?)
(食べ物でもカビているのかな?)

においの原因を何処かへやってしまいたいと思い
においの出処を探してしまうほどでした。

そしてある日、ついに気づいてしまったのです。

   衝撃的事実!!

まさか!自分の足がにおっているなんて!!

信じられない思いでいましたが、自分の靴の中から臭っているのは確かでした。
このにおいに靴を脱いで、履き直してみたときに気づいてしまったのです。
この靴からにおっている!信じられない!!


(誰かにバレる前に、いますぐにでも靴のにおいをなんとかしたい!)

そう思いました。

(でも、洗える靴だから
一度洗って、においの原因がなくなれば、そんなに臭くはないかも?)

と考えて靴用ブラシで洗うことにしました。

皮脂汚れが落ちやすくなるというアルカリウォッシュを湯で溶かして靴を一晩ほど浸しました。
それから、アルカリウォッシュをすすいでから靴用の石鹸でゴシゴシと洗いました。
石鹸をよくすすいでから、外に干しました。

数日干して完全に乾かしたあと、靴はきれいになったように見えました。
そして、洗って乾かした靴を履いてみて2日ほどで、においが復活してしまいました。
洗っただけでは、ニオイのもとは落ちてくれなかったのです。

そこで、においの元の原因となっているものを調べてみました。

働く女子の靴のにおいの原因とは?

その一、
 水  分

調べてみると、夏に限らず両足の裏は一日にコップ1杯ほどの汗をかきます。
足裏の汗腺は、わきや額よりも数が多く汗を排出するのです。
そうすると、靴の中は湿気が豊富になりムレてしまうようです。
乾燥させれば良いのかと思いましたが、他にも、原因がありました。

そのニ、
皮膚や角質を栄養にしている常在菌

靴のニオイのもとになっている皮膚や角質は、足の裏や足の指、かかと部分からはがれ落ちた垢です。
古い皮膚が角質老廃物、つまり垢となって剥がれ落ちたものなのです。
そして、皮膚には常在菌がもともといます。
この常在菌も垢と一緒に靴の中に落ちて、雑菌や水分とまじり悪臭を放つのです。

靴を履き続けていると、靴の中の湿度が90%以上になり細菌が繁殖しやすくなります。
細菌が繁殖するのに必要な皮脂や垢を分解して
「イソ吉草酸(きっそうさん)」というニオイ成分を出すのです。

この、においの原因となっている皮脂や垢は繊維の奥にまで
こびりついてしまっているので洗っても完全に取ることは出来ないのです。
なので、靴を洗って干しただけでは、ニオイのもとが無くならなかったのです。
ということは、革靴や洗うことの出来ないブーツなら、もっとニオイのもとがひそんでいるはずです。

靴のにおいを消すには?その対処方法は?

洗っても無駄な靴のにおい。一体どうしたらなくなるのでしょう?

・家に帰って靴下を脱いだら。足の指、足の指の間もていねいに洗う。
・入浴時には足の爪の間もしっかりと洗います。定期的に軽石で、かかと部分や足裏の余分な角質を落とします。
・靴下は、綿や麻、シルクなど通気性の良いものを選びます。
・革靴は合皮素材よりも本皮のほうが通気性が良いです。
・殺菌作用のある石鹸を使うことで足裏の雑菌の数を減らすことが出来ます。

また、靴を履いたあとは数日乾かしてから履くなどのローテーションが必要です。
よく履く靴には、吸水性のある中敷きを入れてみるのも1つの手です。
足を清潔な状態に保ちながら、靴のお手入れも小まめにすることで臭いの軽減につながるようです。

しかし、靴や足裏の細かいお手入れをするには、手間や時間がかかってしまいます。
疲れて帰ってきた日などには、足の裏を丁寧に洗って靴を干すだけでも大変です。

「臭い!」と感じる靴のにおいをもっと簡単に消してくれるような物があったら良いのに。
そう思いませんか?

実は、とても簡単に靴のにおいの原因をなくしてくれるグッズがあるのです。
それがグランズレメディなのです。

>>グランズレメディ(Gran’s Remedy)はこちら<<

グランズレメディとは?

グランズレメディ

グランズレメディは、ニュージーランドからやって来た靴用除菌・消臭パウダーです。
ニュージーランドでは20年以上も愛用されているそうです。

この靴用消臭パウダーは、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスなど
世界的ベストセラー商品となり、日本でも大ヒットしました。

「どんなスプレーを用いても効果がなかった息子の靴が」
「毎日、気になっていた夫の足の臭いがマシに」
「ウンザリしていた息子や娘達の靴の臭いが」
「玄関の下駄箱から匂いが消えた」
「足が臭わなくなった」

などのレビューが数多くあります。
家族の足のにおいって意外と気になるものですね。

グランズレメディには、天然成分のミョウバン、タルク、酸化亜鉛などが含まれています。
それぞれの成分が、殺菌や抗菌、汗の吸着を行ってくれるので、靴のにおいが発生しにくくなるのです。

グランズレメディ入れてみた

付属の専用スプーン1杯分を靴の中に振り入れるだけで、
靴のいやなニオイのもととなっている雑菌を除菌して消臭してくれるのです。
この魔法のような靴の消臭パウダー、なんと7日間連続で使うことで約半年の間、
イヤーな靴のにおいから開放されてしまう
のです。

たった7日間で半年も消臭できてしまう魔法の粉、
これよりも良いものって他にはあるのでしょうか?

気になる点は、パウダータイプなので真っ黒な靴下を履いたときに、
靴下にくっついて目立つことがたまにあるのです。
でも、グランズレメディを使ってみると靴下の毛玉に比べたら、ほとんど気になりません。

パウダーが気になるようであれば、靴を履く前にしっかりと粉を払い出してしまうか、
掃除機で吸い取ってしまうことです。

どんな消臭スプレーを使っても、靴のにおいが消えなかったのなら使ってみたほうが良いです。
下駄箱のくさいにおいも気にならなくなりますよ。

>>グランズレメディ(Gran’s Remedy)はこちら<<

BIHAKUENのレビューと口コミ

BIHAKUENはワンランク上の上質な肌へのご褒美ケアアイテム。

シミやニキビ跡など目立ってしまう肌トラブルに使うことで
荒れてしまった状態を落ち着かせていきます。

BIHAKUENの良さは使ってみると実感できます。

わたしのニキビだらけで、シミがたくさんできてしまった顔も随分ときれいになりました。

ほんの少し前までは、肌がボロボロの状態で、
ニキビ跡のシミやクレーターがたくさんありました。

ニキビ跡やシミを消すのに良いと言われている市
販の化粧品やニキビケア用の薬用用品を使っていましたが
目に見えるような変化は全く起こらずにいました。

でも、BIHAKUENのハイドロキノンとトレチノインクリームはニキビの凸凹を解消して
シミの跡を消してくれたのです。

ハイドロキノンは肌のシミを消すことが出来ます。
トレチノインは肌のクレーターを消すことが出来ます。

この製品に出逢えなかったら、もっとシミが濃くって、
ぼつぼつ肌だったのだろうと思います。

他のハイドロキノン入りのユークロマクリームや、トレチノインよりも
BIHAKUENのクリームは使いやすいです。

使ったことがあるから比べてみた意見がいえます。
BIHAKUENのほうがクリームが塗りやすく、
皮むけも穏やかなような気がします。

ユークロマはボテッとした感じで塗るというよりは
シミの上にクリームを乗せている感じでした。
その感触よりはBIHAKUENのクリームは広がる感じです。

>>シミやニキビにBIHAKUENシリーズはこちら<<

関連記事
BIHAKUENのサプリメントホワイチュアはL-システイン入り

ビハクエンホワイチュアとハイチオールCの成分を比較してみた

すごすぎる!飲むだけでシミを消したトラネキサム酸(トランサミン)の威力を持つトラネミックとは

ビタミン類,果物,レモン果実

肌をきれいにするビタミン系サプリメントはたくさん出ていますが
毎日飲んでいても、なかなか変化を実感しにくいものです。
種類も豊富にありますので、どれを選んでよいのかもわかり難いですよね。

また買ってみたサプリメントを毎日飲んでいても、シミが消えることもなく
だんだんと、なにも変わらないように思えてきて
「違う種類のサプリメントを飲んだほうが良いのかな??」
と思い、サプリメントの種類だけが増えてしまうことってありませんか?

毎日のようにサプリメントを飲んでいても、なにも変化を感じたこともないし
「自分には合っていないのかな?」と思ってしまうことも多々ありますよね。
そう思って飲むことをやめてしまうので、サプリメントがどんどん溜まってしまい
最終的にゴミ箱に捨ててしまうことが何度もありました。

【サプリメントは実は無駄遣いの元?】

封を切っても飲みきることがないサプリメント。
気づけば、シミの悩みの解消のために購入したサプリメントは
賞味期限が近づいていっても飲むことはありませんでした。

一度飲まなくなってしまうと、戸棚や引き出しの中にしまい込んだままで
きれいサッパリ忘れてしまうこともあります。
気づくと賞味期限を過ぎ去ってるので
「ああ。もう捨てなくっちゃ・・・。」
となるのでした。

もったいないと思って飲むこともあるかもしれませんが、
サプリメントは古くなると成分が酸化して飲まない方がいい場合があります。
酸化したサプリメントは成分が変質していることも十分に考えられます。
もし飲んだとしたら肝臓や腎臓などに負担をかける事になります。

「もうこれは食べられないなぁ~」と思って捨てていました!!
これって本当に無駄遣いになってしまいますよね。

【サプリメントの適切な摂取量と上手な飲み方】

ビタミンCなら美白のために、飲んでいる方もいると思います。

でも、ビタミンCって
「1日にどれくらいの量を摂取したらいいの?」
「一体いつ飲んだら良いの?」

と言った疑問もありますよね。

薬がいっぱい

サプリメントによっては形状も大きさもまったく違います。
パッケージの裏には、一日あたり3~4粒など目安になる量が書かれています。
また、一日あたり2カプセルや一回2カプセル1日3回などのような表記もありますよね。

ビタミンCは美肌には欠かせないものですが、
ビタミンCはお肌だけではなく肉体全体の筋力活動などに使われています。
そのため1日の最低摂取量は100mgと言われています。

妊娠している間は最低でも150mgは必要と言われています。
また運動やストレス、喫煙によってもビタミンCは消費されていきます。
最低値なら食事だけでも摂取することは可能ですが、
美白目的には1日2000㎎以上のビタミンCが必要と言われています。

ビタミンCは体内で生命維持にどのように使われるのかというと
必要なところから優先的に使用されて行くのです。
そのためビタミンCを肌にまで届かせるようにするには
血中のビタミンの濃度を保つ量や飲み方の工夫をする方がいいようです。

そのため、普段の食事だけではビタミンCの摂取料が足リませんので
お肌にまでその力がまわらないというわけです。
ビタミンCの摂取量は一日の上限が2000mgまでとされています。
果物や野菜などからの摂取を考えて1000mgにしたほうがよさそうですね。

ビタミンCは十分なぐらい積極的に摂取しているという方もいらっしゃると思います。
でも、もしかしたら何の変化も感じない場合はサプリメントの吸収率が悪い場合があります。
なので、お肌に変化がないというときには他の美容成分も一緒に取れるように
工夫されたサプリメントを試してみるのも一つの手です。

私の場合は、ニュージーランドシープラセンタという美容サプリメントを選んでいます。
このプラセンタのサプリメントなら肌や爪、髪にも豊富な栄養がいきわたるので
変化もすごく実感しやすいので続けることができます。

>>ニュージーランド産シープラセンタはこちら<<

いまだけ一箱分の返金保証がついています。
また、二箱以上購入すると関税で税金がかかってしまうので、
まとめて買うなら2箱までがベストのようです。

※ポイントをプラセンタ一箱分以上貯めて購入した場合は、
三箱の購入でも大丈夫だった人もいるようです。

このプラセンタの利点は指先の老化もカバーしてくれることです。
爪に出てくる縦シワと横シワがありますよね?
この縦シワは爪の老化で、横に入るシワはストレスの影響だそうです。

爪が一センチ伸びるのには1ヶ月ほどの時間がかかります。
もし、爪の表面に縦の線があらわれた場合はただの老化ですが、
デコボコしてきたらひと月前のストレスの影響?と考えたほうが良さそうです。

なので、きれいな爪を保つにはプラセンタを飲むことで爪の根元に栄養を
十分に与えることや指先のお手入れをしてあげることが大切なのです。
爪の根元にはリラックスすのツボがありますので、ネイルオイルや化粧水を
たっぷり塗って軽くマッサージすることでも爪が見違えるようになります。

>>ニュージーランドプラセンタはこちら<<

コップと水

【サプリメントを飲む時間はいつなら効率がいいの?】

サプリメントは食事の後にすぐ飲める状態にしておくことです。
これなら飲み忘れることがありません。

毎回の食事時間がもしも決まっているのなら食間にビタミンCを飲むこと
ビタミンCの血中濃度を高められるように工夫も出来るようです。
もし一日一回だけ飲むならば、寝る前が一番ベストなのだそうです。

もっと早く美白をするには?

美肌を保つためにはビタミンCと相性の良い内服薬を選ぶことも出来ますね。
美白やシミ、肝斑に良いと言われている内服薬といえば
病院で処方されているトランサミン(トラネキサム酸)が思い浮かびます。

頬にできてしまったシミや肝斑を消し去ってくれるトラネキサム酸は
副作用も少なく、美白が出来るので人気があります。
私は、3年ほど前から飲みはじめ今でも飲んでいます。

残念なことに飲まずに捨ててしまっていたサプリメントよりは、
シミの原因に直接働きかけてくれてメラニンの生成を抑制して
シミが徐々に消えて薄くなっていくトランサミンを選んだわけです。

メラニンが作られにくくなれば、シミのない肌になっていくのですから。
これはニマニマと鏡を見ながら地味に長く続けられるいい作戦です。

(でも、トランサミンっていったいどこで手に入れるの??)

と、心配になりますが、ドラッグストアでも買うことは出来ます。
トランシーノという市販されている薬になります。

「でもちょっとまって!」

ぶっちゃけ、トランシーノはお値段が高いのが難点です。
お小遣いが減る!!Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!
と思ってしまうくらいです。
なのでトランシーノは2回ほど買って終了しました。

値段が高すぎると、買えないから
続けられないので美白できない・・・。

そんな難点を解消してくれるのがこちらのトラネミック。
トランサミンのジェネリックになります。

ジェネリックは作っている会社が違いますが成分が同じで
オリジナルの薬とほとんど変わりがないのです。
トランサミンとトラネミックの成分は一緒ですが
トラネミックのほうがジェネリックなので安いのです。

>>トラネミックはこちら<<

トランシーノとトランサミンの違いは?

トランシーノとトラネミックを比べた場合見た目や形状以外に
何が違うのかというと成分になります。

皮膚科ではトラネキサム酸はしみ、肝斑、炎症後色素沈着に処方されています。
10年以上飲んでも問題ないほどに副作用が少ないと言われています。

トランシーノの場合は、Lシステインや
アスコルビン酸(ビタミンC)が配合されています。
どちらもトラネキサム酸は含まれています。
※トランサミンはトラネキサム酸の別の呼び方です。

トラネキサム酸の効能は止血や炎症を抑えるなど
またプラスミンの働きを抑えてシミを出来にくくします。
風邪薬と一緒に処方される喉の炎症を抑える錠剤なので
ほとんどの人は飲んだことがある安全なお薬なのです。

美容系のサイトの口コミでもシミや肝斑の改善には化粧品以外の内服薬も
利用している人が多数いるということがわかると思います。

シミや肝斑を治療しにクリニックに行った場合、
どの種類のシミや肝斑でもまずは内服療法が始まります。
シミの種類によって治療の経過は変わるのですが、
そこはお医者さんに相談してみないことには分かりません。

鏡を見る女

美容クリニックでシミをレーザーで焼いてしまえばシミ治療はすぐに終わって
もうなにもしなくていいと思われている方も多いですが、
残念ながらレーザーだけではシミはキレイには消えません。

そんな事実に、ガッカリされてしまう方も多いと思います。

レーザーでシミが一時的にキレイになったとしても
ぼんやりとしたシミがまた同じ場所に出てくる事がほとんどなのです。

なので、内服療法が完全にシミを無くすには大事なことなので
病院ではトランサミンとビタミンcを処方するのです。

安くトランシーノと同じ働きをさせるにはビタミンCとトランサミンを併用すること。
この方がかなり安いのです!

(トランシーノはどう考えても高い・・・ (x_x;;))

お値段的にトランシーノでの美白を続けられなかった私にとっては
救世主はトランサミンだったのです。

個人差はやはりありますが、内服を開始して変化が出始めるのは
3ヶ月は必要なので内服療法は3ヶ月以上は飲み続けるようにしました。

内服療法は飲み続けていると、はじめはわかりづらいものですが
なんらかのきっかけで止めると、やはり飲んでいたときの方が
お肌の調子が良いと言う方が多いみたいです。

>>トラネミック250mgはこちら<<

そして、トラネミックなどのトランサミンは女性ホルモンに影響しないので、
10年以上飲み続けてシミや肝斑を出来ないようにしている女医さんもいるそうです。

美白は一生続けていかなければ、とたんにシミが目立ってきますからね。
手は抜けないという感じがします。
でも、トラネミックなら食後に飲むだけなので簡単に続けていくことが出来てしまいます。

その顔のシミ、消したいと思いませんか?

>>肝斑やシミにはトラネミック<<