(BIHAKUEN)デイクリームSPF15+ナイトクリームの口コミと評判

肌の潤いにはビハクエンのクリームが良さそうです。
これから夏の間は気をつける紫外線ですが、
紫外線のダメージが出るのは秋になってからです。

紫外線のダメージを受けやすいのは
なんと乾燥しきった肌なのです。

肌には角質(角層)があり表皮・真皮と分かれています。
その下には基底層、有棘層・・・というように行く層にも分かれています。
このそうには線維芽細胞がありコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸などの生成や分解処理を行っています。

ところが、この線維芽細胞は紫外線などのダメージに弱く
加齢による老化でも弱ってしまいます。
なかなか若い時には気付かないもののようです。

紫外線は肌が乾燥していると通りやすいとも言われています。
敏感になっている状態だと紫外線の影響を
受けやすくシミになりやすかったりしますよね。
ニキビのあとなんかは特にそうで、シミになってしまうことが多いです。

また、ニキビ跡のシミの原因の
1つには肌の乾燥によるダメージもあります。
肌が潤うことで、肌のキメが整えられ
細かくなることは知られていますよね。

肌が潤って整った状態でいるときは、
紫外線のダメージも基底層までは届きにくいように感じます。

だって、ニキビがひどかった時は肌がガサガサしていて
紫外線のダメージにより色素沈着だってしてますからね。
ふっくらと肌が潤っている状態なら、美白も夢じゃないですよ。

ハイドロキノンとトレチノインを使ってる人でも
(BIHAKUEN)デイクリームSPF15&ナイトクリームを使うと
皮むけ赤みが緩和されているようです。
そして朝には肌が潤った状態になっているようです。

>>(BIHAKUEN)デイクリームSPF15&ナイトクリームはこちら<<

広告

毛穴の詰まりに白灰(しらはい)美人石鹸

毛穴の奥の汚れまで落ちるという
白灰(しらはい)美人石鹸 という新商品を見つけました。

この白灰人石鹸は「火山白土」という火山灰を原料に使った石鹸とのことです。
なんとこの白土は、約2万5千年前に鹿児島県に堆積したものとのこと。

『白灰美人石鹸』の特徴は、
とても細やかな粒子が毛穴の汚れを掻き出してくれることです。

なんと、その粒子は最大でも0.09mm。
小さな毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れを
石鹸の濃密な泡と一緒になってパワフルに掻き出してくれそうです。

実は毛穴の直径は約0.2mm
白灰の粒子の大きさと比べてみても
かなりのビッグサイズです。

毛穴の奥の奥まで潜り込むことで、
汚れや古い角質、皮脂などを吸着して洗浄してくれるのです。

モチモチした泡で、顔の表面を優しく
包み込むように洗ったら気持ちいいでしょうね。

実際の使い心地も、通常の洗顔クリームとは
まったく違うのでは??と期待しています。(^-^)

ニキビの原因となってしまう毛穴の皮脂汚れもスッキリしそうです。
キャンペーンに応募して当たったら使い心地が分かるのになぁ♪

応募の結果だけは「神のみぞ知る」ですね( ´∀` )b

>>白灰(しらはい)美人石鹸はこちら<<

関連記事
白灰美人石鹸でニキビが激減した

ニキビだらけの思春期