取りたくって仕方のなかった顔の頬のシミの正体とは?

私が一番取りたかったのは顔にある頬の大きなシミでした。
他の肌が白い分、シミの部分だけは濃くなって見えていました。

(このシミがなければ、きっとキレイになれるのだろう・・・)

そう思っていました。

肌にできたシミはメラニンの沈着が原因と言われています。
たくさんの美容の本にも書かれています。

メラニンの生成メラノサイト

シミの原因となっているメラニンをつくり出すメラノサイトは、
皮膚の一番下の基底層にあります。

メラノサイトは、紫外線に当たると肌を守るために
メラニンを生成します。
メラニンはターンーオーバーにより表皮の下側から
角質層へと徐々に押し出されていきます。

皮膚の新陳代謝がはかどらず、
表面へ押し出されずに表皮の中に残ってしまった
メラニンがシミと言われています。

なので、私は自力で頬のシミを治そうとしていました。

新陳代謝が正常になればシミは消える?
紫外線に当たらなければシミは作られない?
潤いを与えたらターンオーバーが正常になる?
腸内環境を整えたらシミは消える?
肝機能を高めればシミは消える?
身体の冷えを取ったらシミは消える?
睡眠の質を改善したらシミは消える?
栄養素を整えればシミはなくなる?
オーガニック製品に変えたらシミはなくなる?

たくさんの方法で「シミが消えた、無くなった!!」
という人はいます。
でも、私にはどの方法も効果はありませんでした。

そして、最近になってやっと本当に簡単に
自宅で出来る美白方法を知ることが出来ました。

その美白に使ったのがこちらのハイドロキノンでした。

>>(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%はこちら<<

オススメ関連記事
ビハクエンハイドロキノン・トレチノインの効果

ビハクエン(bihakuen)の効果

ハイドロキノンで顔にできた頬のシミが消える?

肌のトラブル

いつの頃からか顔のシミが気になりだしました。
特に気になったのは頬の部分でした。

20代になって鏡を見て

(目立つなぁ・・・)

と真っ先に思ったのは頬のシミです。

場所によっては気にしなかったかもしれませんが、
一番目立っていました。

私も女性ですから頬のシミは気になります。

化粧もリップクリームやアイシャドウを使い始めた頃で
したので、このシミがどうやったら目立たなくなるのか
わかりませんでした。

ただファンデーションを塗ればなんとかなるのだろうと
思っていました。

はじめはファンデーションも色合いの違いや選び方など
はわかっていませんでした。

なので、ナチュラルピンクや、ライトベージュというオ
ーソドックスな色を選んでいました。

それらを組み合わせてシミの部分に塗っても厚みがある
だけでシミを隠すことはできずにいました。

私の顔には、この大きなシミがありました。
頬のシミ
目立ちますよね。

この顔のシミが消えたらいいのになぁ

この顔にシミがなかったらなぁ

この顔のシミが出来なかったらなぁ

顔のシミさえなければ、どれだけ幸せなことなのかと
いまでも私は思います。

顔のシミ1つで自分の人生が悪くなるとは言いませんが
少なくとも「シミがなければよかった」
思うことのほうが多かったのです。

「シミなんて気にしなくったっていいんだよ」と
言ってくれる人は一人もいませんでした。

顔の頬にシミがあることで、一日の始まりが

「このシミはいつ無くなるのだろう?」

と疑問に思いつつ、早く消えないかなぁと思っては指に
美容液を付けてはシミに触れるのでした。

そして一日の終わりにも鏡の前でシミをじっくりとシミ
を眺めて時間だけが過ぎていくことが多かったです。

このシミがないことで明るめの洋服だって似合いそう。
シミがないとメイクもかわいく見えたりするのかな?
そうしたら少しは顔に自信を持てたりするのかな?


私の中では、シミは完全に悪役でした。

このシミをなくすために、いろいろな化粧品を選んだり
ビタミンを取ることにしました。

でもその多くは無駄なことのような形で残念なことに
シミを変えることはできませんでした。

ずっと悩んでいた顔のシミ。
それがこちらのビハクエンのクリームを使うことで
変えることができるようになったのです。

>>ビハクエンのクリームはこちら<<

おすすめ関連記事
ビハクエン口コミ

ビハクエン