推奨花粉99%カットするマスク作成!環境省提案よりも簡単

花粉99除去

環境省で提案されている花粉症マスク。
普通のマスクにインナーマスクをつけることで
99%花粉の侵入を防ぐと言うものです。
不織布のマスクだけでは70~85%ほどしか防げないようです。

確かに普通にマスクを装着しても隙間が開きます。
これじゃあ、くしゃみだって連発して出てしまいますよね。
マスクを二重に装着してもどこか隙間が空いてしまうものです。

環境省では、普段使っているマスクに工夫を凝らすことで
マスクの有用性を拡大するとともに身体に侵入する
花粉の量を最小限にするのがポイントとしています。

★<マスク>
マスクの装用は吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らし、鼻の症状を軽くする効果があります。性能の良いマスクでは95%以上の花粉をカットできるものがありますが、大事なことは顔にフィットするものを選ぶことで、横に隙間ができるとそこから花粉が入ってしまいます。使いやすいマスクは顔にフィットし、息がしやすいもの、衛生面からは使い捨てのものが推奨されます。なお、マスクの内側にガーゼを当てること(インナーマスク)でさらに鼻に入る花粉が減少することが分かっています。

環境省推奨のマスクの作り方
インナーマスク作り方

ガーゼを購入して寸法通りに切るのが大変かもしれませんね。
でも、わたしのやり方ならもっと簡単に作ることができます。

肌に優しいシルコットを使います。シルコットなめらか仕立てと書かれた薄い水色のものが使いやすいです。もともと様々な用途に使えるコットンです。
メイクネイルオフ、パッティング、拭き取り と書いてあります。
82枚入り/2箱セット 定価300円(税抜き)
薬局や通販サイトでは200円ぐらいで購入できるものです。

このシルコットは、シルクタッチの繊維に中綿がくるまれている柔らかいコットンです。
繊維も残らないので肌触りも最高に優しいのです。

特長1 中綿をくるっと包み込んだ完全封入タイプ
シルキーベールで中綿をくるっと包み込んでいるので、センイの抜けがなく、肌へのセンイ残りや、型崩れがありません。

特長2 ふきとりをしても毛羽立たず、センイ残りしない
表面のシルキーベールは毛羽立ちがなく、やわらかい使い心地。

また、蛍光漂白剤を使用していないので、数時間肌に触れていても安心できます。

この柔らかシルコットを使うと隙間が埋まったマスクになります。
毛羽立たないので唇についても気になりません。
安いマスクって内側が毛羽だって気になりますからね。
くっ付いてガサガサしてくることが良くありイマイチな感じがしますよね。

自作してみたマスクは、ぽかぽかして温かい感じです。
付け心地も最高最善で幸せな感じがします。
真似っこして作ってみてください。

【花粉防御マスク作成に必要なもの】
・ノリのテープの1番強力タイプ (べたつくものやニオイのきついものは不可です。)
・シルコットコットン2枚
・装着用マスク1枚

装着用マスクの内側にノリのテープを張り付けます。
ノリのテープを張り付けた上にシルコットをのせてくっ付けます。

ノリのテープは赤いケースのものが工作用なので一番接着力があります。
接着力が弱いとコットンがずれてしまうので注意です。

ちょっと外側から見えない位置にコットンを置くのがポイントです。(*´・ω・`)b
ブルーがかっているところがノリがくっ付いている場所になります。

※コットンを置く位置が分からない方は一度マスクを装着して、鼻の鼻梁の位置で折り曲げて印をつけるとやり易いです。
一回マスクを装着して場所を確かめました。

完成~!

表から見るとコットンを貼り付けているなんてあんまり分からないです。
じっくり見るとテープの色がちょっぴり透けて見えますが、そこまで見る人はいないと思います。

装着して見ると鼻の両脇にコットンがぴたっと当たるので隙間が無くなります。
鼻の穴の位置にもコットンが被さるので、花粉やホコリを更に通しにくいです。(*´・ω・`)b
装着した感想は、

ポカポカして気持ちいい~!!!

自分で言うのもナンですが、本当に着け心地が良かったです。

試しに作って他の人にも装着してもらったら、
「すっごい楽!」「超いい!」と言われました。
このマスクなら、花粉の飛んでいる季節も楽に過ごせます。
あとはしっかり花粉症の薬を飲んでマスクを取ったときも平気なように症状を和らげましょう。

個人輸入を利用すると一錠10円ぐらいのクラリチンのジェネリックがあります。
1000錠も入っていて一日一錠飲むので1000日分です。
10000円ぐらいしますが、めちゃくちゃコスパが良いです。
他にも100錠入りで2000円ぐらいとか・・・。

わたしの場合、花粉が飛び終わるころまで4カ月から5カ月は薬を飲んでいることになります。
そう考えると毎月2000円ぐらいは花粉症の薬を処方してもらっているので結構高くついていると感じます。
目薬をもらうともっとしますね。

また病院で処方箋をもらうだけなのに3時間待ちとかもあります。
これってすごく大変です。
なので、時間も支払いもコストダウンしたい場合は個人輸入を利用してみるのも良いですね。

>>クラリチンジェネリック10mgロリータ(Lorita)100錠入りはこちら<<

>>ザイザルジェネリック5mg(Crebros)1箱20錠はこちら<<

この記事を読まれた方はこちらもチェックしています。
ザイザル錠5mgが止まらないくしゃみに処方されました。

花粉症に一番の薬はクラリチン

ザイザル錠5mgが止まらないくしゃみに処方されました。

今年の花粉の量は最大で500倍も飛散していると耳にしました。
500倍も飛んでいたら鼻水どころではなく、頭痛と吐き気、体のだるさが起こります。
鼻の奥もむず痒くて痛いし耳の奥も痛痒い!
ズキズキする痛み、これってかなり重症なほうだと思います。

そうでなくっても花粉症を持っている人は
毎日の生活がつらくなってしまいますよね。
小さなころから花粉の症状を訴えていた私にとっては
この苦しみは耐え難いものです。

同じように苦しみを抱えている人はいると思います。
でもなかなか周りに理解されないということもつらいと感じますよね。
花粉症と言ってもアレルギー―の症状です。
小さな痛みですが副鼻腔内から全身にまで及んでいます。

かゆみは小さな痛みなのだそうです。
ほおっておかないで原因から遠ざかる、
原因を取り除くなどのケアをしてあげることが大切です。

なので早めに内科を受診していました。
花粉が飛んでいない12月から原因不明の
目のかゆみが出てしまったので病院へ行っていたのです。

でも今年はアレグラを飲んでいる人も
「痒くて仕方ない鼻が壊れたみたいに鼻水が出てくる!」
と言います。有名なアレグラでも全然効かないというのです。

それにくらべて、毎年花粉症がひどい私が今年は全く症状が出ていません。
少し早くからアレルギーの薬を飲んでいても花粉の飛散量が多ければ
許容量オーバーとなって鼻水がずるずると出ていてもおかしくないのです。
それが、すっごく症状が軽くてたまにくしゃみが出てしまう程度なのです。

いつもは症状もなくって、なんともない人たちが今年は重症だわ。
どうしてなんだろう?と不思議に思っていました。

あまりにひどい様子なので一つ上げてみると「強すぎる!」
え!今年もらったザイザル錠は弱いはずなのに・・・?
おかしいなぁと思いザイザル錠ってどんな薬なのかを調べました。

調剤薬局の説明にはこのように書いてあります。
・かゆみを抑える薬
・アレルギーを抑える薬

ザイザルは普通のアレルギーを抑える薬です。
飲み方の説明は一日一回夜に飲んでくださいとのことでした。
24時間くらいは持つ薬という感じです。
ねむけが出る場合には車の運転をしないこと。と注意書きにありました。

でもアレグラよりもきっと弱い薬だから、今年は症状が重くならないのは体質でも変わったからかしら?
特に何にもしてないんだけれど・・・。よく眠るようにしているからかしら?そう思いました。
でも調べてみると、ザイザルは、アレグラよりも強めのお薬でした。

表にしてみるとこんな感じなのですって。意外なことです。
クラリチンやタリオンを飲んだことはありますが、ザイザルが強めの薬だとは思いませんでした。

薬が無くなりそうになると内科に行って処方をしてもらっています。
継続して受診しているため診察料が580円と、処方薬が30日分で30錠で1560円。
※数カ月の受診期間が開いてしまうと一度治療が終わったとみなされて
初診料に戻るので診察料は数百円ほど高くなります。

一月に2000円ぐらいで症状が軽くなるのでとても助かっています。
今年も鼻の皮はむけていないぞ!赤くもなっていないよ(*^^*)

このザイザルが錠が個人輸入にもあるのかしら?と思ったらしっかりとありました。
時間に余裕がなくてなかなか受診できない人や、あまりにも症状がひどくて
市販の薬ではもう耐えられないことになっている人が利用しているようです。

>>[ザイザルジェネリック]クレブロス5mg + ブレスマスクブラック
はこちら<<

この記事を読んだ方はこちらの記事もチェックされています。
花粉症に一番の薬はクラリチン