ビハクエンデイクリームは超しっとり

BIHAKUENクリーム

ニキビのケアにはさっぱりタイプのクリームを選びたいと思います。

ビハクエンのデイクリームはしっとりタイプだと思います。
昼用と夜用とありますよね。この両方のクリームどちらもが
超乾燥肌の私が「すごくしっとりしている!!」そう思ってしまうくらい潤うからです。
どうしてこんなに潤ってしまうのだろうというぐらい驚いてしまいます。

それもそのはず、ビハクエンのクリームには
「保湿と言えばこれ!」
という成分がたっぷりと入っているのです。

・シアバタークリーム 紫外線から肌を守リ保護・修復を行う
・大豆オイル 女性ホルモンのエストロゲンのような働きをする。しわやシミに。
・ホーステール 肌の保湿、キメを整え、ハリをもたらす。皮膚細胞を活性化させる。
・セラミド3 水分を保持し、シワを抑制する。

他にも成分はたっぷり入っていて、それぞれが肌を補修してくれている感じがします。

クリーム自体が素肌になじみやすいのに、広範囲に伸びるのでほんのちょっとでも使うと
乾燥による肌のごわごわ感が無くなります。
これホントですよ!

化粧水や乳液を塗り忘れてしまった翌朝の顔を想像していただければわかるのでは?と思いますが、
疲れてしまった日などは、面倒くさくてそのまま寝てしまうことってありますよね。

そうするとびっくりなほどに乾燥している肌は、目元なんて、
そのままシワになってしまいそうなくらいごわつきを感じるものです。
怖いくらいに、パキパキ言ってしまいそうなぐらい乾燥しているんです。(^^;
それがひと塗りしておくと、うるおいに満ちた肌になっているのですから。

なので、ビハクエンのクリームは乾燥肌の人にはお勧めしたいぐらいなのです。

でも、ビハクエンのクリームを使う上で一つ注意したいのが生理前や生理中です。
この時は肌の状態が不安定です。
不安定な状態とは、つまり、ニキビや吹き出物が出やすく、肌荒れを起こしやすいのです。
その時だけは、この超しっとりクリームは使わないほうが良いです。

なぜなら、生理中の日の肌は小さなニキビが出来やすく、かさつきがちだからです。
そこにビハクエンのクリームを使ってしまうと、クリームの油分がニキビの元になってしまいます。
油分が肌の毛穴をふさいでしまうため、アクネ菌が増殖しやすくなってしまうのです。
なので、生理前から生理中はビハクエンのクリームは使うのをおやすみさせています。

そのほうが生理中はニキビが出来にくいと感じました。
または、ニキビが出来やすい場所にはビハクエンのクリームは塗らないでいたほうが良いように思います。
会えて、ニキビのできやすい部分にはこのクリームは塗らないほうが生理中のニキビに悩まずに済みます。

でも、生理が終わってしまった後の肌の普段使いにはとってもいいですよ。

>>ビハクエンはこちら<<

おすすめ記事はこちら
ニキビに白灰美人石鹸

ビハクエンハイドロキノンとトレチノインとは

ビハクエン口コミ

2016年
オオサカ堂やオランダ屋で
発売されたビハクエンの
二種類のクリームがあります。

発売直後には売り切れ同然で
入手が困難でした。

ホワイトニングにピッタリの2つのクリームは
シミやシワなどのコンプレックスを
解消してくれるクリームとして話題になりました。

セレブも愛用のビハクエンのトレチノインクリーム
ハイドロキノンクリームは
肌トラブルに悩まされている女性のために開発されたそうです。

女性の肌トラブルといえば、
シミ・シワ・吹き出物・くすみ・毛穴の黒ずみ
が代表的です。

そのトラブルの中でも、シミやシワに働きかけ
トレチノインが肌のターンオーバーを促進させ、
ハイドロキノンがシミの原因を叩いて変えていく。

まさに理想的な美容クリームなのです。

なので、肌に悩みを抱えた女性からの
購入申込みが殺到したのもうなずけますね。

レビューも好評で今までにないぐらいの投稿数です。
それだけ人気があるのです。
バストトップをピンクに変えたい女性にも人気のようです。

>>ビハクエンのレビューはこちら<<

    

関連記事
ビハクエン口コミ

(BIHAKUEN)デイクリームSPF15+ナイトクリームの口コミと評判

肌の潤いにはビハクエンのクリームが良さそうです。
これから夏の間は気をつける紫外線ですが、
紫外線のダメージが出るのは秋になってからです。

紫外線のダメージを受けやすいのは
なんと乾燥しきった肌なのです。

肌には角質(角層)があり表皮・真皮と分かれています。
その下には基底層、有棘層・・・というように行く層にも分かれています。
このそうには線維芽細胞がありコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸などの生成や分解処理を行っています。

ところが、この線維芽細胞は紫外線などのダメージに弱く
加齢による老化でも弱ってしまいます。
なかなか若い時には気付かないもののようです。

紫外線は肌が乾燥していると通りやすいとも言われています。
敏感になっている状態だと紫外線の影響を
受けやすくシミになりやすかったりしますよね。
ニキビのあとなんかは特にそうで、シミになってしまうことが多いです。

また、ニキビ跡のシミの原因の
1つには肌の乾燥によるダメージもあります。
肌が潤うことで、肌のキメが整えられ
細かくなることは知られていますよね。

肌が潤って整った状態でいるときは、
紫外線のダメージも基底層までは届きにくいように感じます。

だって、ニキビがひどかった時は肌がガサガサしていて
紫外線のダメージにより色素沈着だってしてますからね。
ふっくらと肌が潤っている状態なら、美白も夢じゃないですよ。

ハイドロキノンとトレチノインを使ってる人でも
(BIHAKUEN)デイクリームSPF15&ナイトクリームを使うと
皮むけ赤みが緩和されているようです。
そして朝には肌が潤った状態になっているようです。

>>(BIHAKUEN)デイクリームSPF15&ナイトクリームはこちら<<

広告