美白サプリのBIHAKUEN WHITURE(ビハクエンホワイチュア)とは?

BIHAKUEN WHITUREビハクエンホワイチュア

季節の変わり目に多い肌の悩みは、ニキビ以外にもあります。
肌のざらつきや、かさつき、くすみなどです。
また、花粉アレルギーによる湿疹なども出やすいですよね。
年々、肌環境は悪化しているような気がします。

なにかいいものはないのかしらと思っていたら、
BIHAKUENより、上質なサプリメントが登場しました。

BIHAKUEN WHITURE 
ビハクエンホワイチュアは一段格上の美白サプリ。
肌のざらつきや、かさつき、くすみ、しみ・そばかす・日やけなどの
色素沈着にも気を付けたい女性の強い味方なのです。

飲むだけでも肌環境が整うのは良いことですよね。BIHAKUENホワイチュアの
ハイチオールCにも勝る成分は美肌を目指したいあなたにはぴったりのアイテムです。

成分を簡単に比較してみました。

ハイチオールCの成分 6錠(成人1日量)

L-システイン    240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)500mg
パントテン酸カルシウム 24mg

BIHAKUENのホワイチュアの成分は、3粒(成人1日量)

L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)600mg
パントテン酸カルシウム 240mg
グルタチオン 120mg
リボフラビン(ビタミンB)90mg
紫根(シコン) 90mg
生姜 60mg

となっています。
L-システインは一日当たりの摂取量の上限があるため同じですが
特にビタミンCとパントテン酸カルシウムの量には、はっきりとした違いがあります。

ビタミン類,果物,レモン果実
L-システインの働きとは?
シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出します。

アスコルビン酸(ビタミンC)のはたらきは?
過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善します。
ストレスの緩和にもいいと言われています。

パントテン酸カルシウムの働きは?
乱れがちな肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートします。

紫根(シコン)や生姜の成分の働きは?
紫根(シコン)や生姜体を温めて代謝をよくしてくれると言われています。
身体の冷えがあると、代謝は滞ってしまうと言われています。

美容成分の豊富な美白サプリメント
BIHAKUENホワイチュア一度飲んでみたいものですよね。

成分の良いサプリメントなら、
今春の気になる肌の悩みも落ち着きそうです。

>>BIHAKUENホワイチュアはこちら<<

シミを消してみたい!気になる関連記事はこちら
(BIHAKUEN)ビハクエンUVシールド

ビハクエンデイクリームの使い方

BIHAKUENのレビューと口コミ

BIHAKUENはワンランク上の上質な肌へのご褒美ケアアイテム。

シミやニキビ跡など目立ってしまう肌トラブルに使うことで
荒れてしまった状態を落ち着かせていきます。

BIHAKUENの良さは使ってみると実感できます。

わたしのニキビだらけで、シミがたくさんできてしまった顔も随分ときれいになりました。

ほんの少し前までは、肌がボロボロの状態で、
ニキビ跡のシミやクレーターがたくさんありました。

ニキビ跡やシミを消すのに良いと言われている市
販の化粧品やニキビケア用の薬用用品を使っていましたが
目に見えるような変化は全く起こらずにいました。

でも、BIHAKUENのハイドロキノンとトレチノインクリームはニキビの凸凹を解消して
シミの跡を消してくれたのです。

ハイドロキノンは肌のシミを消すことが出来ます。
トレチノインは肌のクレーターを消すことが出来ます。

この製品に出逢えなかったら、もっとシミが濃くって、
ぼつぼつ肌だったのだろうと思います。

他のハイドロキノン入りのユークロマクリームや、トレチノインよりも
BIHAKUENのクリームは使いやすいです。

使ったことがあるから比べてみた意見がいえます。
BIHAKUENのほうがクリームが塗りやすく、
皮むけも穏やかなような気がします。

ユークロマはボテッとした感じで塗るというよりは
シミの上にクリームを乗せている感じでした。
その感触よりはBIHAKUENのクリームは広がる感じです。

>>シミやニキビにBIHAKUENシリーズはこちら<<

関連記事
BIHAKUENのサプリメントホワイチュアはL-システイン入り

ビハクエンホワイチュアとハイチオールCの成分を比較してみた