ビハクエンホワイチュアとハイチオールCの成分を比較してみた

ハイチオールシリーズ

BIHAKUENホワイチュアはハイチオールcにも含まれている成分の
「Lシステイン」「ビタミンC」「パントテン酸カルシウム」を、
3粒飲むだけでハイチオールCの1日分以上の量を摂取できるというので
本当にそうなのかをハイチオールCと比べてみました。

パッケージの裏を見るとその成分の比較が簡単にできます。
ハイチオールシリーズは三種類ほど発売されています。

今回は、シミそばかすに特化した
「ハイチオールCプラス」と「ハイチオールCホワイティア」
この二つと比べてみたいと思います。

ハイチオールの成分

主な成分の一覧です。
メインとなっているのは「Lシステイン」「ビタミンC」「パントテン酸カルシウム」です。

それぞれの配合量は微妙に違います。

ハイチオールCプラスは6錠で
「Lシステイン240ml」「ビタミンC500mg」「パントテン酸カルシウム24mg」

ハイチオールCプラスホワイティアは4錠で
「Lシステイン240ml」「ビタミンC500mg」「パントテン酸カルシウム30mg」

一方、ビハクエンのホワイチュアは
「Lシステイン240mg」「ビタミンC600mg」「パントテン酸カルシウム240mg」となっています。

この成分の含有量の違いはかなり大きいと思います。
特にパントテン酸カルシウムは、肌の代謝に大きくかかわっている成分です。

パントテン酸は、肉類、小麦胚芽、腎臓、肝臓、ナッツ類、ビール酵母などに
含まれている水溶性のビタミンで、ビタミンB類の1種であり、ビタミンB5とも呼ばれたりします。

このパントテン酸にカルシウムが結合したものが「パントテン酸カルシウム」になります。
細胞の形成・成長、中枢神経系統の発達を助ける働きがあるそうです。

このパントテン酸カルシウムが不足すると
髪の健康や皮膚を正常に維持する力が崩れてしまうそうです。
なので、身体には必要な成分なのです。
これが欠如してしまうと、美容にも影響が出やすくなってしまうのですから。

パントテン酸カルシウムだけのサプリメントもあるようですが、
価格を見たら、ちょっと高いですね。

BIHAKUENホワイチュアなら美容成分がきちんと配合されているので
美肌にいいと思います。

>>BIHAKUENホワイチュアはこちら<<

結構、口コミされていなくって残念なのが、
サプリメント自体の香りがおいしそうってことです。
ミント入りのチョコのような感じでした。(*´∀`)

他のサプリメントは、あと味が苦くてマズい味だったりするので
このホワイチュアは飲みやすいです。

関連記事はこちら
L-システイン入りbihakuenサプリメント

bihakuen uvシールドの効果

エーレットジェルはトレチノイン配合ジェルクリーム

わたしがシミを消したいと思ったのは、頬のシミが濃くなってきたから。
どの角度から見てもしっかりと目立つ顔のシミがありました。

まあるく浮き上がってきたシミは、色々と調べていくうちに
年令に関係なく出来てしまう老人斑の可能性が高いことがわかりました。

シミの悩み


まだ二十代なのに、この丸いシミは何?
老人性のものなの?うそでしょ~!!
もう元の肌には戻らないの?
どうして同じ部分にだけシミができてしまうの?

どうしたらシミが消えて無くなってくれるのだろうと、
毎日のように気にして、いつも悩みに思っていました。
毎日鏡を見るたびにモヤモヤしていました。

ホワイトニングの化粧品や方法はいくつか試してみましたが、
特に何も変わりませんでした。
そのまま三十代に突入してしまいました。

それから知ったことですが、肌のトラブルを解決させるのは
血行の良さや保湿、ターンオーバーが重要だということでした。
もう知っているものでしたが、なかなか実践できてはいませんでした。

肌の美しさの鍵となるのは正常なターンオーバーが行われていることにあります。
しかし、肌年齢の加齢とともに代謝が低下すると、ターンオーバーの周期は遅れがちになります。
ターンオーバーの正常な期間の目安となるのは、年齢プラス10日となります。

色々と調べてみた結果は、トレチノインとハイドロキノンを使うことで
新陳代謝が早くなり、基底層に張り付いた状態のシミが浮き上がってくるということでした。
つまり、思っていたより早くこのシミが薄くなる可能性があるということでした。

でも、使ったことのないハイドロキノンやトレチノインは、初めてのもので
一体どんなものなのかがわからなかったため購入するまでには時間がかかりました。
※他の記事でハイドロキノンとトレチノインについてまとめています。

(ハイドロキノンとトレチノインこの2つを使えば・・・)

わたしの顔のシミがなくなるかもしれないと思っていても、半年以上は買うことはありませんでした。
(クリームを買って、塗ってみたら・・・。)
そう思っても、なんだか乗り気にも慣れずに、どうしようかと悩んでばかりいました。

心の中のもやもやがあり、購入までには本当に深く悩みました。

使ってみて何も変わらなかったらどうしよう。
シミがもっと濃くなったらどうしよう。
クリームを使ってシミを消すのは難しいのではないだろうか。
もっと肌が荒れてしまったらどうしよう。

不安だらけでした・・・。

心の中がこんな風にもやもやした気持ちで満たされていました。
確かに、正しい使い方を知っていないし、
自分の周りに使ったことがある人もいないしなぁ・・・。

悩むイラスト

きっと購入する前は誰でも不安になるのではないでしょうか?
ただでさえ、トレチノインは皮がむける、むず痒くなる、上手く行かずにシミが濃くなる・・・。
デメリットとも取れるレビューもあり、そんなことを読んでしまったら・・・。
不安になってしまいますよね。

なので、詳しい使い方を書いているレビュー通りにやってみたのです。

これが意外なほどに正解の方法でした。
使う前に抱いていた不安はほとんどなく、三日ほどで皮がむけて
ハイドロキノンを毎晩シミの部分にだけ塗っていくだけでした。

ハイドロキノンを塗った部分はチークを塗ったようにピンク色になってしまいましたが
あまり気になることはありませんでした。
濃度は一番低い0.025%のものを選んだからだと思います。

ちょっと痒みが出てからは髪の毛はアップか、三つ編みにしていました。
トレチノイン、ハイドロキノンを使っていると
顔にかかる髪の毛で痒さを感じてしまうのです。
なので、おすすめなのは三つ編みかアップスタイルです。

ひと月立つころにはシミが本当に薄くなっていきました。

いまは、エーレットジェルという価格がリーズナブルなものがあるので
以前よりは購入しやすいと思います。
シミが気になる人は、詳しいレビューを読んでみるといいと思います。

>>エーレットジェル(AretGel)はこちら<<

トレチノイン・ハイドロキノンの関連記事はこちら
ビハクエン、ハイドロキノンとトレチノインの効果

顔のシミにハイドロキノン

ハイドロキノンユークロマクリームの効果

シミやニキビケアには保湿は重要なカギ

肌トラブルで困った

一年の中で特に乾燥する冬の時期は、寒さによる血行不良が影響し、
キメの乱れなど、肌トラブルが目立ちやすくなります。
また、暑い時期に受けたダメージが出てくる時期でもあります。
お肌の健康を保つためには、しっかりとした保湿が大切と言われています。

どうして保湿が大切なのかを理解したほうが、肌にいいケアができると思いませんか??
わたしが今までしてきてしまった「間違った肌ケア」と比較してみました。
この間違いをしていなかったら、顔にニキビやシミが出来にくかったんだと思います。
残念な肌になってしまう前のわたしを振り返ってみました。゚(´Д⊂グスン

1.知らなかった!!いままでに間違っていた肌ケアとは?

いくつかやってしまっていた間違いケアとは?
どれが良いとか気づかずにしてしまっていたことを思い出してみました。


1.洗顔後は何も付けない日もあれば、化粧水ぐらいしか使っていなかった。

その理由は、夏場は乳液はべたつく感じがしていたからです。


2.洗顔後に、化粧水、乳液や美容液までちゃんと使う日もあった。

理由として、秋冬春は肌の疲れや乾燥を感じていたからです。


3.また、日中には、Tゾーンの油が浮くとティッシュやあぶらとり紙でとっていました。

脂浮きがとても気になるときには1日に3回以上の洗顔をしたこともあります。

4.カミソリで顔をよく剃っていた。
カミソリで顔の産毛を剃るときに、角質まで落としていたので白い粉っぽいものが剃刀の刃によく着いていました。
粉が剃刀の刃についておもしろいので多く擦っていたのです。

2.ダメすぎた残念過ぎの肌の手入れの仕方

この中で、肌の乾燥にいちばんダメな行為はでした。
どうしてかというと実は肌質によって、顔の油を取るのは余計に油が出やすくなってしまうのです。

この気になる油を取っていた行為が

実は肌の乾燥をさらに悪化させていました。

そのことを知ったのは肌が荒れてからのことでした。

なんでも皮脂が出やすいのは、肌が乾燥しやすい状態になっているのを防ぐためなのだとか。
顔は肌のバリア機能を守るために、せっせと油を出していたんですね~。

そして、あわせて行っていたダメ行為は、4のカミソリで顔を剃り過ぎていたことです。
頬のところなんてこすり過ぎが原因かもしれないほどのシミがあります。

もし、顔のシミが、ソバカスとは違うけれど、年齢的に肝斑でもないとしたら・・・。
もしかしたら、カミソリのせいだったのかもしれません。
(ほかにも原因はいろいろあるのかも知れないけど)

こすり過ぎは本当によくないです。

顔以外では身体にも、ぶつけて思いっきりこすった後があります。
あばら骨のところに目立たないけれど、大きなシミになっています(^^;


皮脂の取りすぎ、顔のこすりすぎ

この二点は特に気を付けたいものです。

3.正しいお肌のお手入れのマナーとは?

上記の2店にむちゃくちゃ注意すると、肌のダメージはとっても減ります。

スキンケアのセミナーに行くと、よく言われているのが、
「肌のダメージを作らないこと」と言われます。

スキンケアのセミナーでは皮脂の働きについて習うことができます。
肌の皮脂は汗(水分)と油が混ざり合った天然のクリームなので
取り過ぎてしまうと乾燥の元になってしまうことや、
肌に摩擦を与えることでシワなどの原因になってしまうことまで…。(^^;

難しく考えると大変なのですが、

顔の皮脂を取り過ぎないようにするために。

1.クレンジングはクリームタイプのもので7割ほどの汚れを落とすこと。
メイクをしていなくても参加した皮脂が毛穴に溜まりやすくなっているのです。

2.ぬるま湯か、水ですすぐこと。
※あたたかいお湯だと、余計に肌の乾燥が進んでしまいます。
お風呂で一緒に洗うという場合は、顔だけはぬるめのお湯にしてください

3.手のひらで肌をこすらないようにすること。
※摩擦が顔のたるみや、シミやしわの原因になる場合があります。

4.固めの泡をたっぷりと泡立てて顔を洗うこと。
(ホイップクリームくらいの固さ)

5.2と3の方法で顔をよくすすぐこと。
※すすぎ残しがあることで肌荒れやニキビの原因になってしまうこともあります。

6.十分に保湿をすること。
しっかりと保湿をすることで、乾燥から守り、肌の弾力を保ちます。

肌を大事にするということは、ちょっとしたコツがあればうまくいくものです。
わたしの失敗例と同じことをしていたら、今すぐに。今日からはやめましょうね。
そうすることでも、肌のダメージは確実に減って行きますよ。

美白関連の記事はこちら

BIHAKUENホワイチュアの口コミ

トランシーノと同じ成分のトラネミック(Tranemic)の効果

飲む日焼け止めBIHAKUEN UVシールド

BIHAKUENのサプリメントホワイチュアはL-システイン入り

BIHAKUENのホワイチュアは、メラニンの生成を抑制してくれる
L-システインが240mg配合されています。

L-システイン・・・よく聞く名前ですが、
いったいどういう成分なのかを知っていますか?
わたしは、美白に良いらしいというイメージぐらいしか
思いつかず、わからなかったので調べてみました。

気になるL-システインの働きとは?

主な働きとしては、
シミの原因となる過剰なメラニンの生成を抑制し、
さらにメラニン色素を無色化して排出します。

L-システインはビタミンCと相性がよく、一緒に配合されていることが多いですね。
この2つの成分は嬉しいことに徐々にですがメラニンを無色化してくれるので
だんだんとシミが目立たなくなってくれるのです。

また、肌の生まれ変わりを助けてくれるため、
気になる肌トラブルを鎮めてくれるのです。

L-システインとビタミンCの働きとは?

ビタミンCとL-システインはとても相性のいい美白成分です。
分かりやすく図にまとめてみました。
すると、とこんな感じです。

-LシステインとビタミンCの5つの働き

L-システインとビタミンCの成分は協力して働きます。
シミの原因となるのは過剰なメラニンです。

L-システインとビタミンCの成分は、その過剰なメラニンの発生を抑制するほか、
また、メラニンの生成を少なくして、無色の状態に変化させていきます。
沈着してしまったメラニンも肌の代謝が正常化に戻っていくため肌のシミが消えていくのです。
たまっていたメラニンの排出が速やかになっていくことが美白の鍵になるのです。

BIHAKUENホワイチュアを飲むところ

L-システインとビタミンCが
シミの原因となっている過剰なメラニンの抑制と排出をサポートしてくれます。

また、L-システインの働きはシミの抑制と排出だけではありません。
嬉しいことに-システインを摂取することで肌のハリを保つコラーゲンが生成されるのです。
そして、ニキビができにくくなるなど、肌のトラブルが起こりにくくなるのです。

さらに、BIHAKUENホワイチュアにはシミを徐々に薄くしやすくなるパントテン酸カルシウムや
3種のアミノ酸が連なった化合物の一種グルタチオンがシミの排出を徹底サポートしてくれます。
なので、メラニンを出来にくくして新陳代謝を促しシミを排出しやすくなるのです。
BIHAKUENのサプリメントホワイチュアは、シミやニキビなどの肌トラブルにも心強いですね。

>>[BIHAKUEN]ホワイチュア(Whiture)はこちら<<

あわせて読みたい記事
BIHAKUEN WHITURE(ビハクエンホワイチュア)は美白サプリ?

(BIHAKUEN)ビハクエンUVシールドでシミを出来にくくコントロールするには?

BIHAKUEN(ビハクエン)UVシールドはニュータイプの日焼け止め?

美白の王道ユークロマクリーム4%が届きました。

ユークロマクリーム配送状況

ユークロマクリームが本日届きました。
BIHAKUEN UVシールドを注文してみた日から7日間たっています。

どうして、同じ日に注文をしたのに違う日に届くのかというと
これは、配送国が異なるため配達されたルートが違うからなのです。

12日から16日までは、シンガポールから来るまで
空輸されるため時間がかかっているのが分かります。
税関を通って、通関手続きが行われます。
その間は楽しみに待つことにしています。

ユークロマクリームが届いた_LI

配送の追跡を見ると、
だいたい、いつ頃に到着するのかが分かりますね。

17日の時点で、明日には届くのかな??
そう感じていましたから。(*^^*)
予想通りに今日届いたわけです。

ユークロマクリームが届きました

ユークロマクリームは、肌の美白力を助けてくれます。
ダメージを受けやすい肌はたくさんのメラニン色素を作り出してしまいます。
すると、ターンオーバーと一緒に排出されていくはずのメラニンがずっと作られてしまうために
シミとなってしまうのです。

このユークロマクリームに含まれるハイドロキノンは、
メラノサイトの働きを抑制しメラニンの生成を抑えてくれるため
シミが目立たなくなっていくのです。
一度使ってみたら、肌が白くなったのは実感できました。

途中、赤みやかゆみは少しでましたけど。
個人的には、ハイドロキノンとトレチノインでの美白を
やってみてよかったと思います。

>>ユークロマクリームはこちら<<

関連記事
シミにはエーレットジェルがおすすめな理由

BIHAKUENビハクエンUVシールドとは?

美白サプリのBIHAKUEN WHITURE(ビハクエンホワイチュア)とは?

BIHAKUEN WHITUREビハクエンホワイチュア

季節の変わり目に多い肌の悩みは、ニキビ以外にもあります。
肌のざらつきや、かさつき、くすみなどです。
また、花粉アレルギーによる湿疹なども出やすいですよね。
年々、肌環境は悪化しているような気がします。

なにかいいものはないのかしらと思っていたら、
BIHAKUENより、上質なサプリメントが登場しました。

BIHAKUEN WHITURE 
ビハクエンホワイチュアは一段格上の美白サプリ。
肌のざらつきや、かさつき、くすみ、しみ・そばかす・日やけなどの
色素沈着にも気を付けたい女性の強い味方なのです。

飲むだけでも肌環境が整うのは良いことですよね。BIHAKUENホワイチュアの
ハイチオールCにも勝る成分は美肌を目指したいあなたにはぴったりのアイテムです。

成分を簡単に比較してみました。

ハイチオールCの成分 6錠(成人1日量)

L-システイン    240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)500mg
パントテン酸カルシウム 24mg

BIHAKUENのホワイチュアの成分は、3粒(成人1日量)

L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)600mg
パントテン酸カルシウム 240mg
グルタチオン 120mg
リボフラビン(ビタミンB)90mg
紫根(シコン) 90mg
生姜 60mg

となっています。
L-システインは一日当たりの摂取量の上限があるため同じですが
特にビタミンCとパントテン酸カルシウムの量には、はっきりとした違いがあります。

ビタミン類,果物,レモン果実
L-システインの働きとは?
シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出します。

アスコルビン酸(ビタミンC)のはたらきは?
過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善します。
ストレスの緩和にもいいと言われています。

パントテン酸カルシウムの働きは?
乱れがちな肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートします。

紫根(シコン)や生姜の成分の働きは?
紫根(シコン)や生姜体を温めて代謝をよくしてくれると言われています。
身体の冷えがあると、代謝は滞ってしまうと言われています。

美容成分の豊富な美白サプリメント
BIHAKUENホワイチュア一度飲んでみたいものですよね。

成分の良いサプリメントなら、
今春の気になる肌の悩みも落ち着きそうです。

>>BIHAKUENホワイチュアはこちら<<

シミを消してみたい!気になる関連記事はこちら
(BIHAKUEN)ビハクエンUVシールド

ビハクエンデイクリームの使い方

ビハクエンUVシールド(BIHAKUEN)

bihakuen-uv-shield

ビハクエンUVシールドは、外出する前に飲むだけの日焼け止めです。
外に出る30分ほど前に飲むだけの美白アイテムです。

成分を見ると、普通のサプリメントのように、
ルテイン、ビタミンE (アスコルビン酸)、ビタミンE3、ビタミンEなどが入っています。
どれもこれも、美容にいいと言われている成分ですね。

さらに、プラセンタとヒアルロン酸が含まれています。
プラセンタとヒアルロン酸は、肌のハリやうるおいアップにも期待できる成分です。

毎年のことですが、日差しの強さを感じるのは6月前頃からです。
新緑の季節は紫外線が多く降り注いでいます。

でも、つい油断して、しっかりとしたUVケアを行わないこともありますよね。
日焼け止めも塗ったり塗らなかったり…。
つい忘れがちになってしまうことも。

そうすると、気付いたら小さなシミが出来てしまっていたり、
出来ていたシミがさらに濃くなってしまったり大きくなることもあります。
なかなか、日焼け止めを持ち歩いたり塗りなおすことって、
よほど気を使っていないと行えません。

塗るタイプの日焼け止めを持ち歩いたこともありますが 
トイレに行ってまで塗りなおしたことはほぼありません。

肌トラブルで困った

もし、もっとUVケアが手軽だったら良いのにと思うことはありませんか?
日焼け止めを塗ったら、塗り直しやメイク落としを使った洗顔などの手間もあります。
これが面倒に感じると、日焼け止めを数時間おきに塗りなおすのも大変です。

でも、ビハクエンUVシールドなら飲むだけのケアなので、メイクをしなかった日でも
特に塗りなおすことも、日焼け止め専用のメイク落としを使う必要もありません。
普通のサプリメントと同じように飲むだけなのですから。

日焼け止めにはメーカーによっては、メイク落としが必要なものもあります。
パッケージ裏を見ると、

・お湯で落ちるタイプ
・洗顔料・石けんで落ちるタイプ
・クレンジングが必要なタイプ

と記載されていることが多いです。

ウォータープルーフの落ちにくい日焼け止めも最近では、洗顔料や石けんで落ちるタイプが主流ですね。
人によっては、
「メイクも日焼け止めも嫌い!でもシミは作りたくない!」
という人もいます。

ビハクエンUVシールドなら、とくにメイクはしないけれど肌を焼きたくないと思っている人には、
かなり使いやすいのではないでしょうか?
日焼け止めを塗るのが嫌な人でもサプリメントとして利用することができます。

いったいどんな日焼け止めなのかが気になっていたので、注文をしてみました。
出荷メールが届いていたので、あと数日で届くと思います。

>>[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)はこちら<<

関連記事はこちら
美白にはトランシーノと同じ成分のトラネミック(Tranemic)の効果

これってホント?ハイドロキノンで顔にできた頬のシミが消える?

BIHAKUEN UVシールドが届くまでの期間は?

BIHAKUEN UVシールドはどれぐらいの期間で届くのでしょうか?
2017-04-11 に注文をしました。

2017-04 BIHAKUEN トレチノイン注文

注文したものは以下の四点です。
・ユークロマクリーム4%
・トレチノインジェル0.025%
・BIHAKUEN ホワイチュア
・BIHAKUEN UVシールド

をまとめて注文しました。
支払いの合計は$75.22
約75ドルです。日本円で約8500円ほどになります。
それぞれ届く期間が違うと思いますが、送料は無料です。

各一個づつですがユークロマクリームとトレチノインで肌のターンオーバーを促して
BIHAKUENのUVシールドとホワイチュアで内側から肌の代謝を助けます。

いつ頃届くのかと気になるかもしれませんがだいたいが1週間以内です。

美白関連記事はここから
BIHAKUEN UVシールドとは?

エーレットジェルとは?

ユークロマクリーム4%とは?