毛穴の詰まりに白灰(しらはい)美人石鹸

毛穴の奥の汚れまで落ちるという
白灰(しらはい)美人石鹸 という新商品を見つけました。

この白灰人石鹸は「火山白土」という火山灰を原料に使った石鹸とのことです。
なんとこの白土は、約2万5千年前に鹿児島県に堆積したものとのこと。

『白灰美人石鹸』の特徴は、
とても細やかな粒子が毛穴の汚れを掻き出してくれることです。

なんと、その粒子は最大でも0.09mm。
小さな毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れを
石鹸の濃密な泡と一緒になってパワフルに掻き出してくれそうです。

実は毛穴の直径は約0.2mm
白灰の粒子の大きさと比べてみても
かなりのビッグサイズです。

毛穴の奥の奥まで潜り込むことで、
汚れや古い角質、皮脂などを吸着して洗浄してくれるのです。

モチモチした泡で、顔の表面を優しく
包み込むように洗ったら気持ちいいでしょうね。

実際の使い心地も、通常の洗顔クリームとは
まったく違うのでは??と期待しています。(^-^)

ニキビの原因となってしまう毛穴の皮脂汚れもスッキリしそうです。
キャンペーンに応募して当たったら使い心地が分かるのになぁ♪

応募の結果だけは「神のみぞ知る」ですね( ´∀` )b

>>白灰(しらはい)美人石鹸はこちら<<

関連記事
白灰美人石鹸でニキビが激減した

ニキビだらけの思春期

アジダームクリームニキビ効果

わたしの顔にニキビが増え始めた頃、
顔を覆い隠してしまいたかった。
それぐらいニキビはひどかった。

雰囲気やメイクが上手ければある程度は目立たなかったかもしれません。

ポツポツと増え始めたニキビ。
少しづつなら対処ができたのかもしれない。
でも無理だった。顔全体に一気に出てしまったのだから。
鏡を見るのも嫌になってしまう毎日でした。

ニキビが増えてしまうことを友達にも心配されました。

「ニキビなんてなかったのに、なんで出来ちゃったんだろうね?」

「そんなに皮脂とかも出ていないのにね。」

その時のわたしは自分の肌は、混合肌で、
Tゾーンだけ油が多いのだと思っていました。
頬の部分は油が浮いて出るようなことはありませんでした。

Tゾーン

Tゾーンは
「おでこ」や「鼻」のべたつきやすいところTゾーンと言います。

にきびの原因は過剰な皮脂なのかと思っていました。
なので、効果的にあぶら取り紙でTゾーンの油をこまめにとっていました。

しかし、油は無くなることはなく、常に出てくるのでした。
ギトギトべとべと・・・。
(この油はどうしたら止まるのかしら?)
本当にそう思ってたのです。

最初、ニキビの原因はこの油かと思っていました。
でも、この油は1年中出ているものなので、
ニキビの原因にはならないということがわかりました。

詳しく調べていくとニキビの原因の1つは、アクネ菌というものでした。
正式な名前はプロピオバクテリウム・アクネスというそうです。

このアクネ菌が毛穴の奥で繁殖していたのでしょうか?

このアクネ菌は、空気を嫌うそうなのです。
なので、空気が入ってこない毛穴の奥で繁殖してしまうようです。

そして、毛穴に出来てしまった角栓が
空気の通り道を塞いでしまうようです。

出入り口が塞がれてしまう毛穴の中に
好んで住みつくのがアクネ菌のようです。

このアクネ菌を抑えてくれるのがアジダームクリームでした。

>>アジダームクリームはこちら<<

関連記事
シミやニキビケアには保湿は重要なカギ

白灰美人石鹸でニキビが激減した

ニキビだらけの思春期

にきびが顔にでき始めたころ、
わたしは、毎日顔を見るのが嫌でした。

ほほのブツブツ、小さな転々とした赤身、
膿んで、ぼつぼつとなって、
ぐじゅぐじゅにつぶれたにきび・・・。

鏡の中のわたしは、とっても変な顔だと思っていました。
赤くなった小さな粒が内側から飛び出すようにしていました。
それまでは、何もトラブルのない顔をしていました。
毛穴の開きもなくって、ハリと艶のある肌でした。

肌のトラブルとは無縁でした。

ところが、ひとつづつ出来ていったニキビは、
綺麗な顔をだんだんと汚い顔に変えていきました。

ニキビの予防と言ったら薬用洗顔や、化粧水などもありましたが
わたしの肌のニキビにはいまいち合わなかったようなのです。

思春期のニキビは直りが早くて、翌日には消えていたのに。
だんだんと治るよりもニキビが出来るほうが早くなっていったのです。

ニキビは潰仕方を間違えると後になって残ってしまう。
そう聞いていましたが、次々と出てくるニキビに、
我慢できずに爪を立ててしまうのでした。

ニキビの芯が出てしまうと、自分の気持ちも少しだけおさまったのです。

しかし、ブツブツのニキビは、
どんどん増えてひどいことになっていました。

もし、あの頃に、アジダームクリームを知っていたのなら、
もっと早くにきびのつらさから解放されていたのに。
そう思ってしまいます。

>>ニキビのケアにアジダームクリームはこちら<<

関連記事
ニキビ跡のシミにはユークロマクリーム

思春期のニキビにアジダームクリーム

思春期には、ニキビやニキビの跡が気になって

つい、うつむき加減に歩いてしまっていませんか?

わたしも顔全体に出来てしまったひどいニキビに悩まされたことがあります。

こんなに汚い顔は嫌だ…

周りの人たちから

汚い肌と思われているんじゃないだろうか…

そんな風に内心思っていました。

前髪で顔を隠してみたり

厚めのファンデーションで覆ってみたり

気にしないようにしても鏡をみると

ぶつぶつで赤みだらけの肌本当に泣きそうでした。

そんな私の肌を変えてくれたのは

アジダームクリームでした。

このクリームに含まれるアゼライン酸は、穀物や酵母に含まれる天然由来の成分で、
アメリカやヨーロッパなど世界80カ国で
すでにニキビ治療の医薬品として処方
されています。

日本では海外医薬品が認可されるまで数年以上も時間がかかってしまいます。

なので海外では主流になっているものもなかなか国内には入ってきませんね。

どうやって入手したのかといいますと個人輸入代行を利用しました。

このアジダームクリーム(aziderm cream)は可愛らしいパッケージをしているので
ニキビの治療薬だと気付かれることはほとんどありません。

白ニキビ赤ニキビどちらにも使えます。

アゼライン酸という成分がニキビの炎症を抑えてコメドなど毛穴づまりを改善してくれます
酒さの改善効果やシミにも効果があります。

★アゼライン酸について
麹酸のように美白が期待できる
・ハイドロキノンの代わりや、ハイドロキノンを休止する際の代替品として最適
・ニキビや酒さ、炎症を抑える。バクテリアの殺菌
・薄毛の抑制や育毛に期待できる


色素沈着に対する効果実験の結果は?

インターナショナル・ジャーナル・オヴ・ダマストロジーによるとアゼライン産20%とハイドロキノン4%を使用した場合の結果はほとんど変わらない。
・どちらも65%の人に美白の実感や体感があり、アゼライン酸を使用した人たちには肌の副作用が現れませんでした。

酒さの効果について
アゼライン酸20%を1日2回、3か月使用した場合会zんされたとの報告があります。また、皮膚炎症が少ないことも報告されています。

じつはこのアゼライン酸は、メラニンの生成を抑える美白用に開発されたものなのですが
特にニキビに効果が見られたことからニキビ治療薬として扱われるようになったそうです。
なので美白効果もあるんです。

使ってみると皮脂の分泌も抑制してくれるのかニキビができにくくなります。

炎症を起こしていたニキビも徐々に姿を消していってくれました。

それから、髪をアップにしてみたり明るめの洋服を選んでみたり

ニキビで悩んでいた時が嘘のようになりました。

もっと早くに使っていたら・・・。

同じように悩んでいる人も明るく笑えるようになれたら・・・。

そんな思いがいまも胸にあります。

酒さにも効果が見られるとのことで購入される方もいらっしゃるようです。

同じくアゼライン酸20%が入ったAZAクリアを通販で購入するよりも

個人輸入の通販でアジダームクリームをセットで購入したほうがかなりお得でした。

>>アジダームクリームはこちら<<